専門情報リテラシーBlog♪

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆ アジャイル型の共同研究は可能か?

<<   作成日時 : 2009/07/04 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

☆ アジャイル型の共同研究は可能か?

アジャイル型の「アジャイル研究」に関しての定義としては、「「アジャイル開発プロセスとは、現代の複雑で変化しやすいソフトウェアの開発要件に「俊敏かつ柔軟に」(=アジャイル)対応することを目指した開発プロセスである」」と記述されている。

このアジャイル型を共有することに関しては個人の意見としては問題があると思う。
それは以下の数点の問題からでたものだ。
@ 開発者はユーザと同じ文化や教養をもった人を必要とする。つまり、同じ高コンテキスト文化においてでないと、正確なものはできあがらない。
A 過去に行われた「アジャイル型」の共同研究のデータは信頼できるものかの判断基準がわからない。
これらの問題のか行ける策として考えられることは以下の通りである。

@ 開発者はユーザと同じ高コンテキスト内の文化や教養をもった人間を必要としているので、それに見合った人物を探してくる必要がある。その際、何度もテストをして、同じようなコンテキストの中で生きているかの判断を正確に下すべきである。
A 過去の「アジャイル型」の共同研究のデータを引き出した後、過去の成功例の具体的な目的と目標を確認した上でどのようなプロセスがとられ、どのようにトラブルや問題発見を行うことができたのかを詳細に調査する必要があるだろう。また、その際、隠されたものがないかも重要なポイントとなるであろう。

以上のことが「アジャイル型」の共同研究に関する、問題点と改善点であると考える。

以上

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
☆ アジャイル型の共同研究は可能か? 専門情報リテラシーBlog♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる